研究するだけで200万円?大学院で奨学金を借りないと絶対損!

f:id:lemonSato:20161207232108j:plain

 

こんにちは、ラボ畜ブロガーのサトシです('ω')

 

突然ですが、みなさんお金は好きですk、ぼくは好きです!!

今回はお金の話をします。

日本学生支援機構JASSOの奨学金の話です。

 

大学生のうちは親の収入がある基準以上だと、奨学金を借りることができませんでした。でも大学院に進学すると、親の収入に関わらず、奨学金を借りることができるようになります。

 

大学院生になると奨学金を借りる人が一気に増えます。特に成績のいい人が。

その理由は奨学金の返済の減免です。

 

詳しい基準は非公開ですが、大学院に進学してから、学会への参加、論文の執筆など、学業で特に優れていると認められれば、返済額が半分になったり、全額返済しなくてもよくなります。つまり真面目に研究をするだけでお金がもらえるかもってことなんですよ。

しかもこの額が本当に大きいんですよ。

 

実際に計算してみた

修士課程で卒業する

大学院に在学中、月に8万8千円借りることができます。

修士課程で卒業するとして、2年在学で獲得できる総額はこんな感じ。

①返済額の半分免除の場合

  8,8000円 ÷2 ×24ヵ月=1,056,000円 (100万円越え!) 

②返済額の全額免除の場合

  8,8000円 ×24ヵ月=2,112,000円    (200万円越え!!)

 

やばくないですか。。。こんな大金見たことないっす。。。

 

博士課程で卒業する

さらに博士課程まで進む方は、最高で毎月12万2千円借りることができるので、博士課程に3年在学するとすると。。

①返済額の半分免除の場合

  12,2000円 ÷2 ×36ヵ月=2,196,000円

修士課程も合わせると、3,252,000円 (300万円越え!!!)

②返済額の全額免除の場合

  12,2000円 ×36ヵ月=4,392,000 

 修士課程も合わせると、6,504,000円 (600万円越え!!!!!!)

 

 。。。

なんかもう訳わかんなくなってきました。。。

 

とりあえず大金ですね。間違いなく。

 

注意点

この奨学金の返済の減免があるのって第一種奨学金だけなんですよね。

日本学生支援機構JASSOの奨学金には、第一種と第二種の二種類があって、第一種は無利子、第二種は有利子です。(詳しくはHPや募集要項を見て下さい。大学で簡単に手に入ると思います。)

さっき書いたように、その内奨学金の返済の減免があるのって第一種奨学金だけで、借りるには審査があります。第二種は審査基準が緩く、かなり通りやすいと聞きますが、奨学金の返済の減免制度がないので、今回のようなお金を稼ぐ目的で借りる人はほとんどいません。

一方第一種奨学金は、研究をがんばるだけでお金がもらえるかもしれないので、応募する人は大変多いです。よって審査もきちんと行われます。

 

申し込むタイミングは大学院に入る前年の秋ごろ、年明けの一月ごろ大学院に入ってからなどがあります。それぞれ予約採用在学採用といって、予約採用の方が先に席を確保できる分、審査が厳しめです。

そこで審査の基準の一つになるのが大学での成績です。

在学採用も案外審査をパスできるって聞いたこともありますが、確実じゃないし、かなり不安ですよね。

だからいい成績をとっておくのってめちゃくちゃ大事なんですよ!!

 

でも、この審査に落選しても、在学採用に申し込むことも可能なので試してみる価値はあると思います。

 

 

まとめ

やっぱりお金の話は楽しいですね(笑)

 

ちなみに、別に返済の減免にならなくったって、借りた奨学金に手を付けずに置いておけば、そのまま返してはい、おしまい!ってこともできます。

だから絶対に借りるべきです!これをモチベーションの一つに研究をするのもいいんじゃないでしょうか!

 

実はぼくも、10月に予約採用の申し込みを済ませたところなんですよ('ω')

それではみなさん、BLL(ビューティフル ラボ ライフ)を!

 

どろんっ