断言する!Kindle に画面の保護フィルムもカバーも必要ない!

f:id:lemonSato:20170710001709p:plain

こんにちは、大学院生ブロガーのサトシ(@rabotiku_sato)です。

ぼくはかれこれ半年くらいKindleを愛用しています。Kindle を買ってから、読書量が圧倒的に増えました。

本当に買ってよかったー!ちなみにぼくが持っているのは、最も売れているKindle Paperwhiteというモデル。

Kindleは本当にめっちゃくちゃ便利で、これからどんどん持つ方も増えると思います。

Kindleを購入したら、「ケースをどうしようかな」「保護フィルムはどうしようかな」という悩みがきっと出てくると思います。

結論から言うと、Kindleにはカバーも保護フィルムもいりません!そのままか、付けるならバンカーリングがベスト!

 

ぼくもスマホやタブレットにはカバーも保護フィルムも絶対付ける派だったので、Kindleを買った時は、自然とカバーと保護フィルムを買って付けていました。

でも、使い始めてわずか10分で保護フィルムを取り、数週間でカバーも外しました(笑)

どっちもKindleの画期的な機能の邪魔になっていたんですよね。

今回は保護フィルムやカバーがいらない理由についてお話します!

これからKindleの購入を考えている方、無駄なものは買わないようにしてくださいね。

 

Kindleに保護フィルムがいらない理由

画面の反射が超気になる

f:id:lemonSato:20170709225034j:plain

 Kindleの大きな特徴の1つが、本物の紙のような読み心地。

実際にお持ちの方は実感していることだと思うんですけど、これがほんとにすごいんです。

どこからどう見ても紙です。

しかも特殊な材質のスクリーンを採用していて、タブレットやスマートフォンのスクリーンと違って、明るい日差しの中でも光の反射がほとんどない優れもの。

この使い心地には驚きました。

しかし、ディスプレイに保護フィルムを張ってしまうと、この読み心地を無効にしてしまうんです(ぼくが買った保護フィルムが安物だったからかもしれませんが)。

ぼくはこれが気になり過ぎて、10分で保護フィルムを剥ぎ取りました(笑)お金の無駄でしたねー。

断言します、保護フィルムは絶対にいりません!

そもそも、Kindleは読書にしか使わないので、スマホやタブレットのように激しい操作はしません。

Kindleの操作は簡単なタップとスワイプだけなので、傷がつく可能性はグッと小さいです。

 

Kindleにカバーがいらない理由

f:id:lemonSato:20170709230335j:plain

ぼくが実際に購入したのが、この手帳型のKindleカバー。オシャレでしょ←

でも使うのやめました。

ぼくがKindleのカバーを購入した理由は3つ。

  • 本体の保護
  • 自動スリープ機能
  • かっこいいから←

自動スリープ機能っていうのは、手帳型ケースのカバーを閉じるとと自動的にスリープモードになってくれて、オープンすると自動で起動してくれる機能のこと。

買うときはそれなりに考えて購入したんですよね~。

でも実際に使ってみると保護フィルムと同じく、手帳型カバーもKindleの良さを潰してしまっていたんです。

 

カバーを付けると重くなる

ぼくはKindleの最大のウリは、軽さと片手で持てる操作性だと思っています。

なんと200g程度なので、単行本よりも圧倒的に軽い。

軽くて片手で読めるから、せまい電車内でもサッとKindleを取り出して読めるし、持ってて疲れにくいんです。

でもカバーを付けると、重さが1.5倍~2倍くらいになってしまいます。

ほんの少しの違いに思われるかもしてませんが、長時間読んでいるとやっぱり気になってくるんですよね。

せっかくのKindleの軽さを潰してしまってはもったいない。

 

圧倒的に持ちにくくなる

軽さに加えてもう1つのウリ、片手で持てる操作性もカバーを付けると、損なわれてしまいます。

手帳型カバーを付けると、カバーをめくったりするのに絶対両手が必要。

そして何より持ちにくい。

手帳型カバーを付けると、カバーのペラペラが邪魔になったり、カバーの分本体が厚みがまして、片手で持ちにくくなります。

あと、実際に使っていると自動スリープ機能なんか全くいりません。

 

そのままで十分かっこいい

正直に言いますと、この最後の理由は弱いです(笑)

確かにカバーを付けると、おしゃれにキマって、本体の保護になるかもしれません。

でも、Kindleの特長の軽さと片手で持てる操作性を損なってしまいます。

本来の目的は読書なので、周りの目を気にする必要はありません。本体の傷も愛するくらいに使い倒していきましょうよ。

ちなみにカバーなしで何か月も使っていますが、そんなに目立った傷はないですよ。

カバーを付けることで、自分の気持ちが高まって読書の能率が上がるんだ!というなら、付けてもいいと思いますが。。。

 

それに、

Kindleはそのままで十分にかっこいいですよ←

 

バンカーリングが最強!

f:id:lemonSato:20170709234227j:plain

じゃあ何もつけないのが正解かと言われると、NOです。

バンカーリングを付けるのが最強!

バンカーリングを付けると、

  • 圧倒的に持ちやすい
  • 重さはほとんど変わらない
  • かっこいい←

ぼくは落とした時が怖くて、スマホでバンカーリングを試したことがなかったんですが、バンカーリングって超いいですね!

Kindleにバンカーリングを付けると本当に持ちやすくなります。

バンカーリングに指をひっかけることで落としにくくもなるし、片手で操作しやすくなります。

バンカーリングを使うと、Kindleの軽さを損なわずに、片手で持てる操作性を最大限に引き出せる。

バンカーリングはKindleと相性最強!

今でもバンカーリングが一番しっくりきています。なによりかっこいいし!(笑)

f:id:lemonSato:20170709234232j:plain

 

まとめ

f:id:lemonSato:20170710001729j:plain

  • 画面の見やすさを損なうの保護フィルムはNG
  • Kindleの軽さと操作性の邪魔になるカバーもNG
  • Kindleにはバンカーリングだ!
  • 持ちやすくなるし、かっこいい←

まだ Kindle持っていない方、ぜひ購入を検討してみてください!

本当に読書の習慣が自然と身につくと思います。本を読むといろんな情報に触れ合えて、考え方が広まりますし、今後の人生を変えかねませんよ。

それではー!